新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する本学の対応について(3/27)

2020年3月27日

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)については、依然として世界的に患者数の増加が続いており、同様に、国内でも感染事例が増加しています。
こうした状況を踏まえ、国により、新たに「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針」が決定され、今後、国内での健康被害を最小限に抑えるため、新型コロナウイルス感染症対策を更に進めていくこととされています。
そのため、本学においても、国の方針や海外渡航に係る危険レベルの情報等を踏まえ、以下のとおり対応することとします。
なお、感染症に関する情報は刻々と変化しており、国の状況等に応じて、今後、取扱いに変更があり得ることを申し添えるとともに、自らも最新情報の入手に努めるようお願いします。
また、新型コロナウイルス感染症に関する本学における対応については、随時本ページを通じてお知らせいたします。

入学式の中止(3/27)

新型コロナウイルス感染症については、日本国内においても感染拡大が認められているほか、秋田市内でも感染した患者が確認されたところです。
卒業式・入学式等の式典は、卒業生、修了生、入学生、ご家族の皆様にとっても節目となる重要な行事であるため慎重に検討を重ねてまいりましたが、参加者の皆様の健康と安全の確保を最優先とし、入学式を中止することとしました。
なお、今後の対応については、随時、本ウェブサイトに掲載しますので、最新の情報をご確認ください。

【令和2年度 秋田公立美術大学入学式】
・令和2年4月3日に開催予定であった入学式は中止とします。
・入学生は4月2日(木)までに秋田市内での居住を開始してください。健康観察期間を設けた後、授業開始日の予定を4月20日(月)とします。詳細については、入学生に別途お知らせします。

【お問い合わせ先】
学生課 直通 018-888-8105
企画課 直通 018-888-8478 kikaku@akibi.ac.jp

入学式の中止について(新型コロナウイルス感染症への対応)(3/27)

受験生の皆さんへ

以下URLをご覧ください。
感染症(コロナウィルス、インフルエンザ等)への対応について(3/2)

在学生・教職員の皆さんへ(3/23)

1 海外への渡航について
(1) 次の地域は、渡航禁止とします。
 ・外務省による感染症危険情報レベル3の地域
(2) 次の地域は、原則、渡航を自粛してください。
 ・外務省による感染症危険情報レベル2の地域が含まれる国
  ※外務省による感染症危険情報レベルの見直しに応じて変更がありえますので、外務省ウェブサイトにより最新情報を確認するようにしてください。
(3) 上記の(1)および(2)以外の国・地域についても、不要不急の海外渡航は、慎重に検討するようお願いします。
(4) 日本からの渡航者や日本人に対し、入国制限措置や行動制限措置を行っている国・地域があるほか、帰国後に検疫の対応が必要となる国・地域がありますので、外務省や厚生労働省のウェブサイトなどにより最新情報を確認してください。
(5) 海外へ渡航する場合は、必ず事前に次の手続を行ってください。
 ・学生…学生課へ「海外渡航届」を提出
 ・教職員…総務課へ用務地、用務内容および行程等を届け出
  また、海外滞在中に安全情報を随時受け取れるよう、外務省海外旅行登録「たびレジ」に登録してください。


2 日常的な感染防止対策について
(1) 手洗いや咳エチケットなどの基本的な感染症対策を徹底してください。
(2) 免疫力を高めるため、十分な睡眠、適度な運動やバランスのとれた食事を心がけてください。
(3) 人混みなどの感染しやすい環境に行くことは、出来るだけ避けてください。
(4) イベント等を開催する場合は、感染の広がりや会場の状況等を踏まえ、改めて開催の必要性を検討してください。また、開催する場合は、風邪のような症状のある方は参加しないよう徹底したり、アルコール消毒液を設置するなどの感染拡大を防止する措置を講じてください。
(5) 学内の会議等についても、長時間に及ばないよう工夫したり、換気するなど配慮をお願いします。
(6) 出張については、国の内外を問わず、用務内容を検討し真に必要な用務以外は控えてください。また私事の旅行も、公共交通機関を利用しての旅行は、当面の間はなるべく見合わせたり延期するなどの対応をしてください。
(7) 新型コロナウイルス感染症に起因する経済的な影響により、授業料の支払や就職活動などで心配事や悩みがある学生は、所属の専攻長、クラス担任や学生課まで遠慮なくご相談ください。


3 風邪の症状がある場合について
(1) 発熱等の風邪症状が見られるときは、無理をせず自宅で休養し、外出を控えることとし、やむを得ず外出する場合はマスクを着用してください。
(2) 次のいずれかに該当する症状がある場合は、「あきた帰国者・接触者相談センター(電話018-866-7050)」にご相談ください。(県内の窓口が一本化されました。秋田県外の場合は、各県の相談センターに相談してください。)
 ・風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続いている。(解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます。)
 ・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。
 ※高齢者、心不全や呼吸器疾患の基礎疾患がある方、透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方、妊娠されている方は、上記の症状が2日程度続いている場合、相談センターへご相談ください。
(3) 上記(2)の相談センターに相談した場合は、その内容や結果を速やかに本学事務局まで電話かメールで報告してください。(学生は学生課、教職員は総務課まで)
また、相談センターからの指示等により検査を受けたり医療機関を受診した場合は、その結果を速やかに本学事務局まで電話かメールで報告してください。(学生は学生課、教職員は総務課まで)


4 中国又は韓国から帰国した場合について
(1) 中国(香港、マカオを含む。以下同じ。)又は韓国の流行地域(※)から帰国又は流行地域在住の方と接触があった場合
 ※流行地域とは、中国湖北省および浙江省並びに韓国大邱広域市および慶尚北道清道郡をいいます。なお、今後さらに感染地域が拡大し、閣議了解による本邦への上陸拒否対象地域が追加された場合、それらの地域を流行地域に含むこととなります。
 ア 帰国日から2週間以内に発熱(37.5度以上)かつせき等の呼吸器症状がある場合
他人との接触を避け、マスクを着用し、速やかに本人又は保護者等から最寄りの「帰国者・接触者相談センター」へ電話相談のうえ、同センターから紹介された医療機関を受診してください。
また、上記の旨を速やかに事務局まで電話かメールで報告してください。(学生は学生課、教職員は総務課まで)
 イ 帰国日から2週間以内に発熱(37.5度以上)かつせき等の呼吸器症状がない場合
帰国後2週間は、自宅等に待機し外出を控えてください。学生は保護者と連絡を密にとるようにしてください。
また、上記の旨を速やかに事務局まで電話かメールで報告してください。(学生は学生課、教職員は総務課まで)
症状が出た場合は上記アのとおり対応してください。

(2) 中国又は韓国(流行地域を除く。)から帰国し、流行地域在住の方と接触がない場合
 ア 帰国日から2週間以内に発熱(37.5度以上)かつせき等の呼吸器症状がある場合
他人との接触を避け、マスクを着用し、速やかに最寄りの医療機関を受診してください。
また、感染の有無にかかわらず、医療機関による診断結果を速やかに事務局まで電話かメールで報告してください。(学生は学生課、教職員は総務課まで)
 イ 帰国日から2週間以内に発熱(37.5度以上)かつせき等の呼吸器症状がない場合
帰国後2週間は、体温測定など健康状態を確認し、不要な外出は控えてください。
症状が出た場合は上記アのとおり対応してください。


5 その他
(1) 同居者等の濃厚接触者に新型コロナウイルスの感染が判明した場合は、出校せず、速やかに本学事務局まで電話かメールで報告してください。(学生は学生課、教職員は総務課まで)


参考:
新型コロナウイルス関連肺炎(厚生労働省)
 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html
外務省海外安全ウェブサイト
 https://www.anzen.mofa.go.jp/
国立感染症研究所ウェブサイト
 https://www.niid.go.jp/niid/ja/from-idsc.html
内閣官房新型コロナウイルスウェブサイト(Q&A)
 http://www.cas.go.jp/jp/influenza/novel_coronavirus.html
秋田県ウェブサイト(美の国あきたネット) 
 https://www.pref.akita.lg.jp/
秋田市ウェブサイト
 https://www.city.akita.lg.jp/index.html

【担当および問合せ先】
(学生の場合)学生課 直通 018-888-8105
(教職員の場合)総務課 直通 018-888-8100