「複合芸術研究とは」

秋田公立美術大学大学院複合芸術研究科は、社会と文化の関係性の変容のなかで領域と役割の拡大が続く現代の創造系諸分野を「複合芸術(Transdisciplinary Arts)」の視座と実践をとおして研究する、世界で唯一の美術系大学院です。


本研究科の考える「複合芸術」とは、単に複数の表現技法や素材が集合・統合されることを意味するものではありません。自らが専門としてきた領域の外部に越境し他の異なる領域の実践手法を学び自らの活動に組み込むこと、そして既存の事物や現象を複合的に構成する諸要素の関係性を点検しそれらを現代と未来の立場から再配置することをとおして表現領域と社会の新たな可能性を創出する取り組みの全体系を、私たちは「複合芸術」であると考えます。


修士課程、博士課程ともに、本研究科では学生それぞれの専門性と研究テーマに立脚しつつ、複合芸術研究を自身の技術や資質を他の専門領域との交わりを通して拡張させる「内的運動」と、外部の社会に介入しそこにある諸要素の複合を積極的に推し進める「外的運動」の並走によって実現させてゆきます。前者では、素材・技術・手法の尽きることのない複合の試みを通して新たな表現者の力が提案され、後者からは、潜在的な社会的課題が発見されながら新しい役割と社会のかたちが提示されます。専門分化した芸術各領域の「型(かた)」を認めつつ、それを積極的にはぐらかし解体する自由で柔軟な想像力と、新たな表現領域や社会的価値の創造の上に、複合芸術は成立すると考えます。


本研究科では、専門領域の異なる複数の教員と学生が主体的に交流して学生一人一人の研究の形を育むチームティーチングの指導形式(本研究科ではこれを「セッション」と呼びます)を採用しています。カリキュラムは、芸術の要素複合を異なる専門領域の立場から紹介する「講義」、多様な創造領域の理念や手法の複合可能性を経験・検討する「演習」、学外の地域や組織と連携・協働して社会実践をおこなう「実習」、そして学生各自の研究テーマで取り組む「特別研究」により構成されます。学生は「セッション」による複合芸術の学びをとおして、個人研究を自らの内外に広く深く展開・実現させてゆきます。