twitter Facebook Instagram

Faculty 大学院の指導教員

TOSHIAKI ISHIKURA

石倉 敏明

  • ・複合芸術論
  • ・複合芸術応用論C
  • ・複合芸術演習
  • ・制作技術研究演習Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ
  • ・特別研究Ⅰ、Ⅱ
  • ・複合芸術理論研究Ⅰ、Ⅱ
  • ・複合芸術特別研究Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ

Profile

プロフィール

人類学者/神話学者。多摩美術大学芸術人類学研究所助手を経て、2011年より明治大学野生の科学研究所研究員。羽黒山伏。1997年よりダージリン、シッキム、カトマンドゥ、東北日本各地で「山の神」神話調査をおこなう。環太平洋の比較神話学や芸術人類学の研究に基づき、神話集、論考等を発表。共著・編著に『野生めぐり 列島神話の源流をめぐる12の旅』『人と動物の人類学』『道具の足跡』高木正勝によるCD作品とのコラボレーションに『タイ・レイ・タイ・リオ紬記』(神話集)など。


Research
activities

研究活動

2003年 論文「生を与えまたそれを奪う神ーー環太平洋に伝わる「岩戸隠れ神話」の比較分析」『大学院研究年報 総合政策研究科篇(6)』(中央大学)

2009年 論文「女神と対称性 ーーネコ科動物をめぐる神話イメージについて」『総合政策研究 創立15周年記念特別号』(中央大学)

2009年 編著『タイ・レイ・タイ・リオ紬記』エピファニー・ワークス(高木正勝氏によるCD作品『タイ・レイ・タイ・リオ』付属の神話集編纂、解説)

2009年 共著『折形デザイン研究所の新・包結図説』(ラトルズ)

2010年 論文「裸の精霊 -後期旧石器時代の女性小像について」『多摩美術大学研究紀要(24)』(多摩美術大学)

2010年 展覧会 「東京アートミーティング トランスフォーメーション」展(企画協力、アーカイヴ展示=R.L.A.T.、カタログ、関連レクチャー等)東京都現代美術館

2011年 論文「生命と芸術の発生ーー<母>の聖性表現について」『多摩美術大学研究紀要 (26)』(多摩美術大学)

2011年 展覧会「自然の産婆術/ MAIEUTIKE 野生の創造」展(グループ企画展/馬喰町ART+EAT/東京)

2011年 論文「芸術人類学ことはじめ」『ART ANTHROPOLOGY 05』(多摩美術大学芸術人類学研究所)

2012年 論文「生きているマンダラ -ヴァジュラ・ヨーギニーとサンクの生態宇宙論」『人と動物の人類学 (来たるベき人類学5)』(奥野克巳ほか 編/春風社)

2012年 共著「生活思想の地図を広げて」(鞍田崇・三谷龍二との鼎談)『道具の足跡ーー生活工芸の地図を広げて』(アノニマ・スタジオ)

2013年 共著『「生活工芸」の時代』(三谷龍二・新潮社編/新潮社)

2014年 研究発表(全三回)「ホモ・エデンス 可食性の人類学」(明治大学野生の科学研究所)

2014年 講演「東北の自然に根ざした芸術」(第29回国民文化祭・あきた2014美術展記念講演)

2014年 論文「月とコルヌコピア:周期性表現の起源について」『秋田公立美術大学紀要(1)』(秋田公立美術大学)

2015年 論文「山々から生まれた番楽」『KAMIKOANI プロジェクト秋田2012-2014』(芝山昌也編/KAMIKOANI プロジェクト秋田実行委員会)

2015年 共著『野生めぐり 列島神話の源流に触れる12の旅』(田附勝写真/淡交社)

2015年 書評「書評:山口未花子著『ヘラジカの贈り物 – 北方狩猟民カスカと動物の自然誌』」『文化人類学 79(4)』(日本文化人類学会)

2016年 論文及び関連マップ作成「今日の人類学地図:レヴィ=ストロースから「存在論の人類学」まで」『現代思想 2016年3月号臨時増刊号:特集人類学のゆくえ』(青土社)

2016年 講演録「『人間の向こう側』へ」『どうぶつのことば──根源的暴力をこえて』(鴻池朋子 編著/羽鳥書店)

2016年 講演「東北に生きる造形思考」(日本基礎造形学会 2016年秋田大会基調講演)

2017年 論文「社会の内なる野生 : 宇宙論の境界を更新するイヌとオオカミ」『現代思想 2017年3月号 総特集:人類学の時代』(青土社)

2017年 作品展示《古き東北のかけらを保て》(共同制作:石倉敏明+田附勝)、展覧会「精神の北へ vol.7 かすかな共振をとらえて:東京」(2017年6月9日~6月18日、東京都美術館 )

2017年 リサーチプログラム「r:ead #5 レジデンス・東アジア・ダイアローグin香港」(2017年6月15日~6月25日、香港各所)

2017年 論文「可食性の創発:築地市場と食の人類学」『現代思想 2017年7月号 総特集:築地市場』(青土社)

2018年 論文「アートと人類学の地殻変動 」(人類学者の視点 人類学におけるイメージと表現) 『美術手帖』2018年6月号 (美術出版社)

2018年 論文「複数種世界で食べること:私たちは一度も単独種ではなかった」『たぐい』01号(亜紀書房)

2019年 作品展示《Cosmo-Eggs|宇宙の卵》(共同制作:下道基行+安野太郎+石倉敏明+能作文徳)、展覧会「第58回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示 Cosmo-Eggs|宇宙の卵」(2019年5月11日~11月24日、ジャルディーニ会場・日本館)

2019年 書籍(共著)(石倉敏明,・白川昌生・山田創平・アーツ前橋・今井朋+吉田絵美編著)『表現の生態系:世界との関係をつくりかえる』(左右社)

2019年 展覧会企画委員、作品展示 《赤城山リミナリティ》(共同制作:尾花賢一+石倉敏明)、展覧会「精神の生態系 世界との関係をつくりかえる」(2019年10月12日~2020年1月13日、アーツ前橋)

2019年 作品展示《接触から共振へ》、展覧会「精神の〈北〉へ vol.10:かすかな共振をとらえて」(2019年9月21日~2020年1月26日、ロヴァニエミ美術館)

2020年 書籍(共著)『Cosmo-Eggs | 宇宙の卵(第58回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示カタログ:日本語版)』(下道基行・安野太郎・石倉敏明・能作文徳・服部浩之共編著)、(LIXIL出版)

2020年 論文「サイボーグ・複数種・堆肥体 : ダナ・ハラウェイによるコンタクト・ゾーンの拡張 (ダナ・ハラウェイ 「からだ」と「生態系」という現場から生まれる思想を、アートのなかで読み直す)」『美術手帖』2020年2月号 (美術出版社)

2020年 書籍『Cosmo-Eggs | 宇宙の卵 コレクティブ以後のアート』(下道基行・安野太郎・石倉敏明・能作文徳・服部浩之共編著、torch press)

2020年 論文「「宇宙の卵」と共異体の生成――第58回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示より」『たぐい』02号(亜紀書房)

2020年 論文「大地のものたちの呪術――田附勝写真集『KAKERA』をめぐって」田附勝『KAKERA』(T & M プロジェクト)

2020年 学会発表記録 「『民族藝術学会誌 arts/』リニューアル創刊記念公開シンポジウム Cosmo-Eggs|宇宙の卵 : ヴェネツィア・ビエンナーレ2019日本館 : アートと人類学の交点から考える」(共著:吉田憲司・下道基行・石倉敏明・川瀬慈・中村史子・岡田祐成)、『民族藝術学会誌 arts/』36号(民族藝術学会)

2020年 論文 “A Calling from the Invisible History”「不可視の歴史からの呼び声〜シンディー望月『石紙鋏』をめぐって」Cindy Mochizuki, Rock, Paper, Scissors: K is for Kayashima, 分担執筆 (ArtSpeak)

2020年 論文「反復とノイズの先に現れるもの」“What Emerges Beyond Repetition and Noise” 岩井優『MASARU IWAI WORKS01』(read only book)

2020年 作品展示《Cosmo-Eggs|宇宙の卵》(共同制作:下道基行+安野太郎+石倉敏明+能作文徳, 服部浩之)、展覧会「第58回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本帰国展」(2020年6月23日~10月25日、アーティゾン 美術館)

2020年 論文「溶解する地球と感染症時代の動物たち」『美術手帖』2020年6月号(美術出版社)

2020年 作品展示《藻が海ヘテログラフィー》(共同制作:尾花賢一+石倉敏明 )、展覧会「山形ビエンナーレ2020 | 山のかたち 命のかたち」(2020年9月5 日~2020年9月27日、東北芸術工科大学)

2020年 作品展示《「起源と対話 木・火・土・金・水」のために》(共同制作:大小島真木+石倉敏明)、展覧会「大小島真木 起源と対話 木・火・土・金・水」(2020年12月19日~2021年1月24日、美郷町学友館)

2020年 作品展示《菅江真澄プロジェクト》(共同制作:唐澤太輔+石倉敏明)、展覧会「ARTS & ROUTES -あわいをたどる旅-」(2020年11月28日~2021日3月7日、秋田県立近代美術館)

2021年 論文「獣の肉を食い、獅子の腹から生まれる ――獣頭芸能に見る複数種の想像力」『たぐい』03号(亜紀書房)

ページTOPへ