twitter Facebook Instagram

Faculty 大学院の指導教員

SHIGEAKI IWAI

岩井 成昭

  • ・複合芸術論
  • ・複合芸術応用論A
  • ・複合芸術演習
  • ・複合芸術実習A
  • ・制作技術研究演習Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ
  • ・特別研究Ⅰ、Ⅱ
  • ・複合芸術研究法
  • ・複合芸術表現研究Ⅰ、Ⅱ
  • ・複合芸術特別研究Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ

Profile

プロフィール

制作・研究対象は、視覚芸術(絵画・映像・インスタレーション)、多文化状況とアート、1950年代日本の劇映画表現
1990年より国内および欧州、豪州、東南アジアの特定コミュニティの調査をもとに、映像、音響、テキスト、ワークショップなどを複合的に使用した視覚表現を展開。近年は離れた世代間を繋ぐワークショップ・デザインや、多文化環境における移民と受入コミュニティ間の相互交換性の調査を進める。2010年よりプロジェクトベースの「イミグレーション・ミュージアム・東京」を主宰し、継続中。特定非営利法人Art & Societyリサーチ・センター理事、秋田公立美術大学副学長。


Research
activities

研究活動

1999年 第一回福岡アジア美術トリエンナーレ

1999年 第三回アジア・パシフィックトリエンナーレ

2000年 第七回ハバナ・ビエンナーレ

2002年 とかち国際現代アート展「デメーテル」

2005年 横浜トリエンナーレ2005

2007年 In Repose 豪州における日本人移民墓地に対する鎮魂プロジェクト

2008年 個展 「言葉を見る/映像を書く」 北海道立文学館

2008年 日本財団APIフェローシップによりタイ、インドネシア、フィリピンにおいて滞在制作及び多文化研究 ~2009年

2009年 シンガポール・フリンジフェスティバル 09“Art and Family”

2010年 「イミグレーション・ミュージアム 東京」パイロット・プロジェクト ディレクターとして「ニューカマーズ・ヴュー2011、2012、2013」展をそれぞれ企画・監修 ~2013年

2013年 単著「路傍の光斑-小津安二郎の時代と現代」P3 art and environment

2014年~ 「イミグレーション・ミュージアム 東京」の活動拠点を足立区に移し、「不思議な出会い(2014)」、「出会いのかたち(2015)」、「普段着の出来事(2015)」、「銭湯哀歌・人情屋台・消えゆく昭和~ケント・ダールの歩いた千住(2016)」等の展覧会を企画・監修・キュレーション


2015年 個展「人口減少×アート」、ドキュメンタリー番組Watch-A「人口減少×アート 過去・未来の輝き」共同制作 NHK秋田放送局

2016年 「アナタにツナガル」展 新潟市美術館

2017年 映像作品「journey to be continued−続き行く旅−」第12回移住民映画祭(ソウル)招待出品ほか、全国各地で上映開始

2020年 「ARTS & ROUTES −あわいをたどる旅−」展 秋田県立近代美術館

2021年 企画・監修としてのイミグレーション・ミュージアム・東京「わたしたちは見えている」オンラインミユージアムとして開設


ページTOPへ