国際交流

 本学では、4つの基本理念の一つに「秋田から世界へ発信するグローバル人材を育成する大学」を掲げ、開学以来、海外の大学との交流協定を締結するため、教員を中心に現地調査を行っています。

 秋田公立美術大学は、学内の国際交流事業をより充実した体制で支援するため、平成29年4月に国際交流センターを設置し、専任スタッフだけではなく、各国のアートに詳しい海外在住のディレクション・アドバイザーを配置するなど、国際交流を支える体制を強化しながら、交流協定の締結と留学プログラムの整備を進めています。

 そのほかにも、海外の大学とのプロジェクトを通じた学生交流や、海外で教員・学生が作品発表・学術研究活動を行う際の支援、国内の他大学との交流事業なども展開しています。

 また、学生が海外の大学や研究機関で行われるアートプロジェクトやボランティア活動などに参加する場合に、経費の一部を補助する助成制度を設けており、意欲のある学生の国際交流を支援しています。

 このような新しい体制のもとで、多様な国際交流の機会を創出していきます。

 

国際交流センター

「新たな芸術領域を生み出す異文化融合の推進に向けて」
国際交流センターの主な事業
・ 留学に関する相談受付、サポート
・ 留学等助成金制度
・ 招へい事業
・ 英語アワー&英会話サロン
国際交流協定校
奨学金
お問い合わせ

 

「新たな芸術領域を生み出す異文化融合の推進に向けて」

1 国際交流協定締結の推進

・国際交流協定の締結

・国際交流協定締結のための調査・研究

・海外の学術動向の調査・研究

2 学生交流の推進

・本学学生の海外派遣を支援(短期留学、学会・シンポジウム・ワークショップ・アートプロジェクト参加等)

・海外の学生の受入体制整備

・海外の学生の受け入れのためのショートプログラム策定

3 教職員交流の推進

・海外のアーティスト、研究者の招へい等の人的交流を支援

・海外における展覧会、公募展アートプロジェクト等の開催・出展等を支援

・海外で行われる学術研究事業、学会、シンポジウム等の参加、学術情報交流を支援

4 教員・学生の作品交流の推進

・海外の協定校との交流作品展・巡回展の開催を支援

・海外における展覧会、公募展、アートプロジェクト等への出展を支援

・海外の教員・学生・アーティスト等の作品の本学等における展示を支援

5 グローバル人材育成の推進

・グローバル人材を育成するため、学生・教員の語学力(リテラシー、コミュニケーション、プレゼン等)強化のための支援

・国内外の外国人研究者・留学生との交流による異文化の理解促進

国際交流センターの主な事業

留学に関する相談受付、サポート

留学等(協定校への留学および海外でのワークショップ参加やボランティア、語学研修等短期の渡航を含む)を希望する学生の相談を受け付けています。本学では、協定校との留学プログラムについて協議中ですが、そのほかにも学生が滞在している実績のある機関の紹介等を行います。
・留学願 PDF / WORD
※随時受付しています。興味のある学生はセンターまで相談にお越しください。

秋田公立美術大学留学等助成金について

学生が、海外の大学および研究機関等で行う留学やアートプロジェクト、ワークショップ、ボランティア等への参加のうち、次に掲げるものを助成対象とします。

助成対象

・語学研修を目的とした短期留学
・アートプロジェクト、ワークショップ、アーティスト・イン・レジデンス、学会、シンポジウムへの参加
・ボランティア、インターンシップへの参加
・その他学長が認める国際交流

助成額

・助成対象経費の一部を支給

助成時期

年に2回程度実施します。詳細はポータルでお知らせします。

助成金申請書類

・秋田公立美術大学留学等助成金支給要領(平成29年9月21日改正) PDF
・留学等助成金支給申請書 PDF / WORD
・留学等助成金実績報告書兼請求書 PDF / WORD

・平成30年度第2回短期留学等助成金申請書 PDF
・平成30年度第1回短期留学等助成金申請書 (募集は終了しました)

過去の例(いずれも夏期・春期休業中の集中講義やワークショップへの参加)

・チェンマイ大学主催「International Engineering Design Challenge」(タイ・チェンマイ)
・Alter-Shelter 2(インドネシア・スラバヤ)
・Wall Art Project(インド・カシミヤ)
・アーバングラス(米・ニューヨーク)
・アートキャンプ(チェコ・プルゼニ)
・ピルチャック・グラス・スクール(米・シアトル)
・ヘイスタック・マウンテン・スクール(米・メイン州)
・アッシュカン・スタジオ・オブ・アート(米・ニューヨーク)
・セサティアン聾学校(タイ)

体験談

  • タイ チェンマイ

    Coming up・・・

  • インドネシア スラバヤ

    Coming up・・・

  • アメリカ ニューヨーク

    Coming up・・・

 

招へい事業

期間 招へい者 事業内容
2017年
10月
Manipa Jayawan
(マニパ・ジャヤワン)
バンコク大学付属ギャラリー”BUG”代表
特別講演(10/26)
「The Way of Opportunities -バンコク現代美術シーンの現在-」
  
2017年
11月
Cindy Mochizuki
(シンディー・望月)
現代美術作家(カナダ)
①特別講演(11/14)
「Invisible Callings: The Process of Working with Immaterial Memory and History」(見えない呼び声:非物質的記憶や歴史と共に制作する過程)
②ワークショップ(11/17)
「Family Portrait」(家族写真)(Youtubeページ↓)
レジデンスレポート
2018年
4月
Brad Taylor
(ブラッド・テイラー)
陶芸作家/
ハワイ大学マノア校 教授
①特別講演(4/24)
「Action is a Moment」(行為は瞬間)
②講評会(4/25)
各専攻学生の作品講評
③ワークショップ(4/26)
粘土を使ったワークショップ
2018年
6月
Anthony Shelton
(アンソニー・シェルトン)
人類学者/
人類学博物館館長/
ブリティッシュコロンビア大学(カナダ)教授
①特別講演(6/8)
「Between Art and Anthropology」(アートと人類学の間)
②フィールドワーク(6/9~10)
にかほ市、男鹿市周辺
   
2018年
6月
Jin-me Yoon
(ジンミ・ユーン)
現代美術作家/
サイモン・フレーザー大学(カナダ)教授
①特別講演(6/12)
「海外アーティストによるトーク」
②ワークショップ(6/13~15)
「浜辺で世界を見つける」
   

 

英語アワー&英会話サロン

英会話をもっと身近に感じていただくため、学生や教職員を対象として、ネイティブスピーカーの職員とともに以下のようなイベントを行っています。
日時や場所については、大学のポータルや国際交流センターのFacebookページを確認してください。

1) English Hour

英語で雑談しながらランチを楽しみます。英語レベルは問わず、気軽に会話できる良いチャンスです。申込みも準備するものもありません。

2) English Salon

writingの能力を伸ばすことに特化し、参加者が芸術に関するそれぞれの課題やテーマ(履歴書、プレゼンテーション等)を持ちより、集中的に実践に近い演習を行います。事前申し込みが必要です。

国際交流協定校

機関名 国名 HP
台南應用科技大学 台湾 http://www.tut.edu.tw/

留学等に関する奨学金(外部)

秋美ポータル(随時ポータルでお知らせしています)

お問い合わせ

秋田公立美術大学 国際交流センター
TEL: 018-888-8478 FAX: 018-888-8101
E-mail: kokusai@nts.akibi.ac.jp
>International Exchange Center (Facebook)