村山 修二郎

画像:村山 修二郎
  • 職位

    准教授

  • 研究分野

    絵画、コミュニケーションアート、幼少造形教育

  • 学歴

    1994.3 
    東京藝術大学美術学部絵画科油画 卒業
    2011.3 
    東京藝術大学大学院美術研究科壁画修士課程 修了 
    2014.3 
    東京藝術大学大学院美術研究科壁画博士後期課程 修了 博士(美術)

  • 職歴

    2012.4-2013.3 
    東京藝術大学絵画科油画 ティーチング・アシスタント
    2014.4-2014.8 
    東京藝術大学絵画科油画 教育研究助手
    2015.4-2018.3 
    京都造形芸術大学芸術学部 専任講師
    2018.4-現在 
    秋田公立美術大学美術学部美術学科 准教授

  • 主な業績
    2010.10
    「第二回・京島路地園芸術祭」京島、向島路地野外、東京都墨田区
    2011.12 
    東日本復興支援企画「green line project」東京都墨田区・宮城県岩沼、石巻
    2012.1 
    紙非紙展「植物純度/循環」中央学院美術館、中華人民共和国
    2012.5
    「エゾタンポポプロジェクト」長木小学校、秋田県大館市
    2012.11
    TRANS ARTS TOKYO2012「植物の鼓動」旧電機大学跡地、東京都千代田区
    2013.7
    エコ・アート・ビレッジ・プロジェクト2013「水の楽園-3月11日の浸水痕の記憶から-」N3アートラボ、山口県山口市
    2014.3
    学術論文「植物を介したアート・コミュニケーションの実証的研究-地域と人がつながる創造的プロセスの誘発-」学位博士論文・博士審査展(東京藝術大学)東京都台東区
    2014.10 
    大館・北秋田芸術祭2014「植物と生きる-緑画手法と子ども達の力を合わせて-」秋田森のテラス、秋田県北秋田市
    2015.3
    書籍「こどもの自然のことば(詩)×植巡り」森のはこ舟アートプロジェクト実行委員会、西会津ワーキンググループ、福島県西会津町
    2015.11
    個展「森をえがく」西会津国際芸術村、福島県西会津町
    2016.1
    クロストーク5・福島後~表現者にとっての3.11~[ヤノベケンジ×村山修二郎×川延安直]ギャラリーオーブ・京都造形芸術大学、京都府京都市
    2016.5
    「山の音-目を閉じるそして歩きすべての音に耳を澄ます-」香川・山なみ芸術祭2016 五郷地区内野々の田圃、香川県観音寺市
    2017.2
    書籍 純度「子ども、自然、芸術を介したアート・コミュニケーション」(京都造形芸術大学)京都府京都市
    2017.7
    コラボレーション・池宮中夫×村山修二郎「device-ひとひらの風」京都造形芸術大学人間館、京都府京都市
    2017.9 
    「天と人と地-交わる浅間連峰と京の地-」天空の芸術祭2017、梅野記念館・ふれあい館、長野県東御市
    2017.10
    個展「緑画と植巡りのキセキから」3331 Gallery、東京都千代田区
    2018.12
    「岩と炭と植物の鼓動-アボリジニ先住民の歩いた地から-」open day 2018 BigCi、ニュー・サウス・ウェールズ、オーストラリア
    2019.2
    書籍「美術未来予想図/子どもと美術教育」(秋田公立美術大学)秋田県秋田市
  • 担当科目

    現代芸術論1、2
    現代芸術演習(アーツ&ルーツ)
    アーツ&ルーツ導入演習
    アーツ&ルーツ基礎演習
    アーツ&ルーツ応用演習
    アートプロジェクト演習
    卒業研究(アーツ&ルーツ)

  • 作品例
    • <p>二つの七角山/森の色[緑画手法から](森のテラス/秋田県北秋田市)</p>

      二つの七角山/森の色[緑画手法から](森のテラス/秋田県北秋田市)

    • <p>エゾタンポポプロジェクト(長木小学校/秋田県大館市)</p>

      エゾタンポポプロジェクト(長木小学校/秋田県大館市)

    • <p>路地園芸術祭/路地さんぽ(京島界隈/東京都墨田区)</p>

      路地園芸術祭/路地さんぽ(京島界隈/東京都墨田区)