大森山アートプロジェクト2020「あそび×まなびのひろば -森の居場所-」(8/1~9/15)

2020年7月30日

あそび×まなびのひろば1 あそび×まなびのひろば2
大森山動物園と秋田公立美術大学の連携企画「大森山アートプロジェクト2020」の一環として、本学の学生が「あそび×まなびのひろば」を開催します。

「あそび×まなびのひろば」は、子どもも大人も、あそびの中でまなび、まなびから新たなあそびをつくる、創造的な広場です。

新型コロナウイルスの影響により人との接触を出来るだけ避け、また、自宅で過ごす時間が長くなるなど、居場所を制御されている生活が続いています。今回の「森の居場所」は、大森山公園内の森に自然素材であそべて冒険心を掻き立てる様々な「居場所」をつくることを試みます。

大森山の空気に触れ、木漏れ日を見て、鳥などの鳴き声を聞き、木々と土の香りを感じるコミュニケーションの中で、各参加メンバーの異なる居場所から、様々な気づき、あそびなどの見知らぬ体験が出来ますので、ぜひご参加ください。

 

「あそび×まなびのひろば -森の居場所-」
会  期: 2020年8月1日(土)~9月15日(火)(会期中無休) 10時頃~17時頃(暗くなる前まで)
場  所: 大森山公園グリーン広場周辺(マップ参照/推奨ルートからお越し下さい)
参  加  費: 無料(自由参加)
参加手順: 参加手順とマップシートをグリーン広場近くの駐車場にて提示しています。こちらを見て参加してください。
あそび×まなびのひろば4 あそび×まなびのひろば5
注意
参加者は、自分の責任であそんでください。人は常駐していません。自然に近いエリアなため、無帽、黒い服装や軽装、サンダルなどでは危険です。蜂やけものなどにも十分注意ください。自然物はむやみに取ったり傷つけたりしないでください。小さなお子さまは、保護者の方と一緒にお越しください。会期中の土曜、日曜日の中で、動物園内から直接大森山公園に出て森の居場所まで行ける日もあります。動物園ホームページなどでご確認ください。

コロナウイルス感染予防対策
コロナウイルス感染防止の観点から、マスク着用での参加をお願いします。ご家族以外では、一人ひとり2m以上の距離を保ってください。参加する前には、必ず手洗いかアルコール消毒にご協力をお願いいたします。

問い合わせ
秋田市大森山動物園 (018-828-5508)、
NPO法人アーツセンターあきた(018-888-8137)

 

制作、プロジェクトメンバー:
赤坂凜、葛西陽奈乃、山田汐音、石前詞美、岡本真実、後藤那月、加藤璃子、堀江侑加、風晴瑛水、岡村菜々子、圷陽菜(秋田公立美術大学美術学部1−3年生)

特別参加メンバー:
ミマチアカリ、岡﨑未樹、中村邦生(秋田公立美術大学美術学部4年生、卒業生)

監修:
村山修二郎(秋田公立美術大学アーツ&ルーツ専攻准教授)
あそび×まなびのひろば3