大学院について

大学院研究科の概要

秋田公立美術大学では、大学等で自らの表現手法を修めた学生が、他の芸術領域、或いは芸術とは異なる情報技術などの他領域と表現手法を複合させながら、社会に変化をもたらす試みを行う「芸術の複合的な研究」にステップアップすることを踏まえて、複合芸術研究科を開設しています。
複合芸術研究科には、アート及びデザイン、芸術学に関わる指導教員がおり、芸術の複合的な研究に必要な知識、視点、手法などを修得しながら、社会で実践的に活動できる能力を身につけることができます。

 

◎複合芸術研究科 複合芸術専攻

  • 定員数:修士課程10名(学年)/博士課程2名(学年)
  • 修了年限:修士課程2年/博士課程3年
  • 研究科名:複合芸術研究科[Graduate School of Transdisciplinary Arts]
  • 専攻名:複合芸術専攻[Course of Transdisciplinary Arts]

◎指導教員

専門 教員名
ソーシャルデザイン 尾登 誠一 教授
ビジュアルアート 小田 英之 教授
アートプロジェクト 藤 浩志 教授
プロジェクト型アート 岩井 成昭 教授
プロダクトデザイン 今中 隆介 教授
美術史 志邨 匠子 教授
アーバン・スタディーズ 岸 健太 教授
情報科学 飯倉 宏治 教授
映像メディア 萩原 健一 准教授
アートマネジメント/
キュレーション
服部 浩之 准教授
芸術人類学 石倉 敏明 准教授(科目)
比較文化学/文化史 白杉 悦雄 教授
哲学/文化人類学 唐澤 太輔 准教授

◎アドミッションポリシー

本研究科が求める人材像は次のとおりです。

【修士課程】
本研究科は、多様化する現代社会領域と複雑化する地域課題を踏まえて、表現技術の複合、アートマネジメント、ソーシャルデザインなど、芸術的感性を実社会への価値提供や課題解決につなげる実践的手法を教育・研究することで、一人ひとりの個性を尊重した専門性のさらなる深化の追求や新たな芸術表現の創出、より本質を捉えた地域貢献を図ることを目的としている。この目的を達成するため、本研究科が求める人材像を次の通りとする。
1.新しい芸術を探求する意欲のある人
2.グローバルな視野と地域への視点を併せ持つ人
3.他者と協働しながら主体的に制作や研究に取り組める人

【博士課程】
本課程は、現代社会を「複合の視点」から理論化を試みる研究を行うことで、現代芸術領域及び社会に新鮮な視点や思考の転換を発信し、新たな道筋を示しながら現代芸術領域の拡張と持続可能な社会の構築に広く貢献する表現者、リーダー及び研究者を育成することを教育目的とする。この目的を達成するために本課程が求める人材像は次のとおりとする。
1.複合の視点から自立した研究に取り組み、表現手法の拡張や現代社会の理論化を追求する人
2.モノ・コトの成り立ちを解析し、領域を横断する高い観点から、自らの創造性や思考の転換に基づく成果によって、芸術領域及び社会に新たな価値を提示する人
3.他現代芸術の研究を通じて、複合の視点からの理論化に取り組み、「複合芸術」の体系化を担っていく意欲のある人

◎ディプロマポリシー

本研究科の修了に際しては、以下の能力を備えることを基準とします。

【修士課程】
1.異なる分野と複合させながら既存の枠にとらわれない新しい芸術を探求する能力
2.現代社会の動向や地域特性を捉え、美術・デザインの方法論を通じて、問題解決へつなげる具体的な提案ができる能力
3.グローバルな視野を持ちながら現代芸術領域の研究や実践を評価・検証し、その成果を発信する能力

【博士課程】
1.複合の視点からモノ・コトを要素単位で分析、解析し、現代芸術に限らず、社会的な課題等に関しても事象の本質を捉える能力
2.表現と理論の双方から多面的にモノ・コトを捉えながら、発想の転換や理論の応用をもとに、現代芸術及び社会に新しい視点を提示できる能力
3.複合の視点からの学際的な研究に取り組み、その成果を社会に発信・適用していくことで、人々を巻き込みながら現代芸術や地域を牽引していく能力

◎学位審査基準について

【修士課程】

1 「修士論文」又は「修士制作及び修士制作報告書」の評価基準について

本研究科における「修士論文」又は「修士制作及び修士制作報告書」(以下、「修士論文等」という)の評価基準については、大学院設置基準および本学ディプロマポリシーに基づき以下の観点から評価を行う。

(1) 研究目的が明確であり、研究における問題提起が示されているか。

(2) 先行研究や研究背景を述べており、修士研究の位置づけを明確に示しているか。

(3) 調査・研究対象、研究手法、研究手順を明確に述べているか。

(4) 研究結果に基づいた論理展開や制作意図に妥当性、客観性が認められるか。

(5) 学術的な独創性や重要性があり、社会的要請にも応えうる可能性があるか。

(6) 修士論文等の形式や引用文献等が整えられているか。

(7) 本研究科のディプロマポリシーに則した研究結果が示されているか。

2 「修士論文」又は「修士制作及び修士制作報告書」の書式について

(1) 修士論文の書式

① 書式はA4横書きで、フォントは10.5または11ポイントとする。ページあたりの行数を33~38行とし、行あたりの文字数を36~40字とする。余白は上下を30mm、左右を25mm以上とする。

② 分量は図表と画像、訳注、参考文献、謝辞等込みで50ページ以上とし、文字数は3万字以上とする。

③ 表紙は横書き、年度、研究題目(英文併記)、「秋田公立美術大学大学院 複合芸術研究科複合芸術専攻(修士課程)」、氏名をいれる。

④ 修士論文は製本または簡易製本すること。

(2) 修士制作及び修士制作報告書の書式等

① 修士制作報告書の書式はA4横書きで、フォントは10.5または11ポイントとする。ページあたりの行数を33~38行とし、行あたりの文字数を36~40字とする。余白は上下を30mm、左右を25mm以上とする。

② 分量は図表と画像、訳注、参考文献、謝辞等込みで5ページ以上とし、5千字以上を目安とする。

③ 表紙は横書き、年度、研究題目(英文併記)、「秋田公立美術大学大学院 複合芸術研究科複合芸術専攻(修士課程)」、氏名をいれる。

④ 修士制作報告書は製本または簡易製本すること。

(3) 研究概要(抄録)の書式等

① 研究概要(抄録)の書式はA4横書きで、フォントは10.5または11ポイントとする。ページあたりの行数を33~38行とし、行あたりの文字数を36~40字とする。余白は上下を30mm、左右を25mm以上とする。

② 分量は図表と画像、訳注込みで2ページ以内とする。

 3 「修士論文」又は「修士制作及び修士制作報告書」の提出方法について

(1) 修士論文の提出方法

① 修士論文等審査申請書 ② 修士論文 ③ 研究概要(抄録)

(2) 修士制作及び修士制作報告書の提出方法

① 修士論文等審査申請書 ② 修士制作報告書 ③ 研究概要(抄録)

 

◎ 文部科学省への大学院設置認可申請書
1. 設置の趣旨及び必要性
2. 設置の趣旨及び必要性 資料
3. シラバス

◎資料データ
・ポスター2016年度版(8.8MB)
・パンフレット2016表(8.8MB)
・パンフレット2016裏(377KB)