学生の学外活動・受賞状況

最新情報(ニュース)

これまでの活動・受賞状況

※学生による作品展の実績は、本学で把握しているもののみを記載しています。

 

作品展紹介(平成30年度)

  • 「人生のちょっとした二人」
    浅香遊×振本聖一 二人展

    人生のちょっとした二人
    会期 平成30年8月10日~8月12日
    会場 ココラボラトリー
    代表 浅香遊(4年)
    秋田公立美術大学4年の浅香遊と、前年度の卒業生である振本聖一による二人展。過去2年程2人で一軒家をシェアしており、お互いの制作環境を知って学生時代の記念(思い出)として二人で企画しました。その頃は平面作品を中心に制作をしていたので、展示形態は平面作品で統一することになりました。たくさんの方に来場して頂き、いろいろな意見を聞くことができて貴重な体験でした。作品に値段を設定し実際に買って頂くことができるようにしたのも大きな特徴であり、良い経験になりました。

  • 晩BANG!!

    晩BANG!
    会期 平成30年9月29日
    代表 川口 朱德(2年)
    秋田公立美術大学の2年生、23人で結成されたAKIBI映画上映実行委員会による屋外での上映会。秋田が映画館空白地域である中、廃業した映画館の再生を願う声に応えて、移動式映画館を製作しました。会場は西部公民館跡地で上映しました。この活動に際して、地域の方のご協力をいただき大変感謝しています。今回の貴重な経験を活かして、今回のような活動を持続性のあるものに展開していきたいと考えています。

  • あなぼこ展

    あなぼこ展
    会期 平成30年11月2日~11月11日
    会場 秋田市新屋ガラス工房
    代表 千葉さわ(4年)
    ものづくりデザイン専攻4年の鎌田瑞妃(陶芸)、千葉さわ(木工)による二人展。あな・ぼこをテーマに、『触ってみたい、のぞいてみたい、もっと見てみたい』という好奇心をくすぐる展示です。陶芸と木工あわせて10点の作品を展示しました。今回の二人展では、展示方法や作品の形態を深く考える良い機会となりました。この経験を卒業制作や今後の作品に活かしていきたいです。

  • しんめんモクまめカ

    しんめんモクまめカ
    会期 平成30年11月3日~11月11日
    会場 美大サテライトセンター
    代表 内記深幸(4年)
    これまで地域活動に対し、あらやちゃぷちゃぷ大学では美大で学んだアートやデザインの視点と、まちづくりの視点を持ってイベントを企画運営してきました。その経験を活かして、アートやデザインの作品を用いたイベントに直接関与することで、市民の皆さん自身が今現在住んでいるまちとの関わり合いについて考えたり感じたりする場をつくりたいと思い、サークルを卒業したOGふたりの二人展というかたちで作品展を開催しました。展示方法や会場の装飾など、会場作りの勉強にもなり、息も絶え絶えの展示となりました。