BIYONG POINT 「応答」~SUMMER STATEMENT 2018 報告とその後~(12/15~2/24)

2018年12月5日

 秋田公立美術大学ギャラリーBIYONG POINTで、本学大学院の複合芸術研究科の藤本悠里子さんが企画する展覧会《「応答」~SUMMER STATEMENT 2018 報告とその後~》を開催します。
 この展覧会は、アーティストによる新しい表現が生まれる現場をどのように創造できるのか、またキュレーターやコーディネーターはいかにアーティストの創作活動に関わることが可能なのかを問う試みです。
 会期を前期と後期に分けて構成しており、また会期中も藤本さんによる考察が行われ、アーティストも短期滞在しながら日々展示内容が更新されたり様々なイベントが不定期に開催されていきます。
 展覧会の様子は定期的にBIYONG POINTのFacebookにて公開されていきますので、こちらで様子を伺いながら、是非会場にもお越しください。
https://www.facebook.com/biyongpoint/

「応答」〜SUMMER STATEMENT 2018 報告とその後〜
会 期 平成30年12月15日(土)~平成31年2月24日(日)
    9:00~18:00
    ※休館日:平成30年12月29日(土)~平成31年1月3日(木)
 <前期>「Out of Exhibition」
    平成30年12月15日(土)~平成30年1月13日(日)
 <後期>「秋田」
    平成31年1月14日(月)~2月24日(日)
会 場 秋田公立美術大学ギャラリー BIYONG POINT
    (秋田市八橋南一丁目1-3 CNA秋田ケーブルテレビ社屋内)
入場料 無料
企 画 藤本悠里子(秋田公立美術大学大学院 2年)
アーティスト 寺岡海、神馬啓佑、船川翔司、来田広大
主 催 秋田公立美術大学、NPO法人アーツセンターあきた、向三軒両隣
協 力 CNA 秋田ケーブルテレビ
助 成 秋田市地域づくり交付金事業

<関連イベント>
① 複合芸術会議2018:京都セッション「移動すること、作ること、暮らすこと」
  日 時 平成30年12月27日(木)18:00~20:30
  会 場 MEDIA SHOP gallery
      (京都市中京区河原町三条下る一筋目東入る大黒町44 VOX ビル1F)
  登壇者 服部 浩之(インディペンデント・キュレーター、秋田公立美術大学大学院准教授)
      唐澤 太輔(哲学・文化人類学研究者)
      國政 サトシ(現代美術家、秋田公立美術大学ビジュアルアーツ専攻助手)
      寺岡 海(現代美術家)
      神馬 啓佑(現代美術家)
      船川 翔司(現代美術家)
      来田 広大(現代美術家)
      藤本 悠里子(秋田公立美術大学大学院2年)
  主 催 秋田公立美術大学大学院 複合芸術研究科

② アーティスト秋田滞在
  ※詳細は12月15日公開の本企画特設サイトにて告知予定。
  日 時 平成31年 1月8日(火)~1月13日(日)
  会 場 BIYONG POINT、他

③ 「秋田」プレオープニングイベント
  日 時 平成30年1月13日(日)18:00~
  会 場 BIYONG POINT

お問い合わせ先
NPO法人アーツセンターあきた
018-888-8137
info@artscenter-akita.jp

本学に関連するイベント情報はこちらをご覧ください。