大学院について

「大学院研究科の概要」

秋田公立美術大学では、大学等で自らの表現手法を修めた学生が、他の芸術領域、或いは芸術とは異なる情報技術などの他領域と表現手法を複合させながら、社会に変化をもたらす試みを行う「芸術の複合的な研究」にステップアップすることを踏まえて、複合芸術研究科を開設しています。
複合芸術研究科には、アート及びデザイン、芸術学に関わる指導教員がおり、芸術の複合的な研究に必要な知識、視点、手法などを修得しながら、社会で実践的に活動できる能力を身につけることができます。

◎複合芸術研究科~複合芸術専攻~

  • 定員10名/学年
  • 修了年限:2年
  • 研究科名:複合芸術研究科[Graduate School of Transdisciplinary Arts]
  • 専攻名:複合芸術専攻[Course of Transdisciplinary Arts]

◎指導教員

専門 教員名
ソーシャルデザイン 尾登 誠一 教授
ビジュアルデザイン 小田 英之 教授
アートプロジェクト 藤 浩志 教授
プロジェクト型アート 岩井 成昭 教授
プロダクトデザイン 今中 隆介 教授
美術史 志邨 匠子 教授
アーバン・スタディーズ 岸 健太 教授
情報科学 飯倉 宏治 教授
映像メディア 萩原 健一 准教授
アートマネジメント/
キュレーション
服部 浩之 准教授
芸術人類学 石倉 敏明 准教授(科目)

◎アドミッションポリシー

本研究科が求める人材像は次のとおりです。

  1. 新しい芸術を探求する意欲のある人
  2. グローバルな視野と地域への視点を併せ持つ人
  3. 他者と協働しながら主体的に制作や研究に取り組める人

◎ディプロマポリシー

本研究科の修了に際しては、以下の能力を備えることを基準とします。

  1. 異なる分野と複合させながら既存の枠にとらわれない新しい芸術を探求する能力
  2. 現代社会の動向や地域特性を捉え、美術・デザインの方法論を通じて、問題解決へつなげる具体的な提案ができる能力
  3. グローバルな視野を持ちながら現代芸術領域の研究や実践を評価・ 検証し、その成果を発信する能力

◎取得できる学位

 

本研究科修士課程を修了した者には、次の学位を授与します。
学位:修士(美術)[Master of Art]

◎文部科学省への大学院設置認可申請書

  1. 設置の趣旨及び必要性
  2. 設置の趣旨及び必要性 資料
  3. シラバス

 

◎資料データ