お知らせ

  • ホーム
  • お知らせ
  • AKIBI複合芸術プラクティス「旅する地域考~辺境を掘る 夏編」受講者募集(応募締切:7/9)

AKIBI複合芸術プラクティス「旅する地域考~辺境を掘る 夏編」受講者募集(応募締切:7/9)

2019年6月28日

文化庁「平成31年度 大学における文化芸術推進事業」助成プロジェクト
AKIBI 複合芸術プラクティス『旅する地域考〜辺境を掘る夏編』受講者募集(応募締切:7/9)

AKIBI複合芸術プラクティス「旅する地域考」は、秋田を巡り歩く参加者の経験とアート領域の視点を重ねて考察し、それぞれの「次なる旅」を企画提案する現地滞在型ワークショップ・プログラムです。

セカンドシーズンとなる2019年夏編のテーマは「辺境を掘る」。
北東北の内陸部に位置する、秋田県鹿角市および小坂町周辺の旅を通し、独特の地勢と天然資源、それらと深く結びついた文化や生活に触れながら、参加者自身の「旅」を思考していきます。ここで言う「旅」とは、実際に身体を移動させる「旅」であると同時に、自身が今後計画し、実践する表現活動や社会への提案も比喩的に示しています。旅は、私たちの常識への信頼を揺さぶり、それと引き換えに新しい視座の獲得の機会を提示します。

身体を移動させながら思考することが、自身の可能性を広げていきます。大学生やアーティスト、デザイナー、キュレーター、ジャーナリスト、地域振興や社会活動に興味を持つ方など、さまざまな分野で活動する皆さまの参加をお待ちしています。

興味のある方は下記URLから詳細をご確認の上、ご応募ください。

AKIBI複合芸術プラクティス旅する地域考
・公式ホームページ http://akibi-tabikou.jp/
・Facebookページ https://www.facebook.com/akibi.tabikou/

応募フォームはこちらから >>


募集要項

【事業名】
AKIBI複合芸術プラクティス「旅する地域考~辺境を掘る 夏編」

【会期】
2019年8月1日(木)~10日(土)/ 9泊10日

【旅先】
秋田県鹿角(かづの)市・小坂町

【対象】
大学生・大学院生(学部や専攻は問わない)、若手のアーティスト、キュレーター、デザイナー、建築家、行政関係者、NPO従事者、メディア関係者など。
※プログラムの全日程に参加できることが条件となります。

【定員】
10名程度(応募者より選抜)

【受講料】
10,000円 ※以下の経費は自己負担となります。
・居住地から集合場所までの往復交通費
・個別リサーチ期間中の諸経費、自身の創作に必要な機材・材料費等
・開催中の食費、滞在費の一部

【応募締切】
2019年7月9日(火)24時 必着

【審査方法】
国内メンターとスタッフによるポートフォリオ審査(データ提出)とスカイプ面接で総合的に判定。結果はメールにて個別通知します。

【メンター】
・西川 智也(ニューヨーク:映像作家/キュレーター/ニューヨーク州立大学ビンガムトン校映画学部准教授)
・フィリップ・バルド(スイス:アーティスト/ジュネーブ造形芸術大学教授)
・芹沢 高志(P3 art and environment 統括ディレクター/秋田公立美術大学大学院 客員教授)
・相馬 千秋(アートプロデューサー/秋田公立美術大学大学院 複合芸術研究科 特任教授)
・岩井 成昭(アーティスト/秋田公立美術大学大学院 複合芸術研究科 教授)
・岸 健太(建築家/アーバンスタディーズ/秋田公立美術大学大学院 複合芸術研究科 教授)
・石山 友美(映画監督/秋田公立美術大学 景観デザイン専攻 助教)
※他、随時更新しています。

【ファシリテーター】
・小熊隆博(ギャラリーものかたり 主宰/合同会社みちひらき 代表)
・柳澤龍(プロジェクトデザイナー/Share Village Project)


◎「ユース・プロボケーター」参加特典

応募者のうち、以下の条件に適う選考上位者には、「ユース・プロボケーター」として特典が付与されます。

〈特典条件〉
・秋田県外居住者であること。
・20歳以上28歳以下であること。(2019年8月時点)
・今後、秋田で活動を展開させたいという意思・展望があること。

〈特典内容〉
・自宅から現地までの往復交通費
※実費負担相当額、アップグレード席は除く


◎審査の流れ

●6月20日(木)~7月9日(火)24時|応募受付期間

●7月11日(木)または12日(金)|スカイプ面接

●7月16日(火)|審査結果をメールで個別通知

●参加決定者は8月1日(木)からはじまる旅の準備へ


【運営/スタッフ】
主催:秋田公立美術大学
企画・ディレクション:岩井 成昭、岸 健太、相馬 千秋
制作総括:岩井 成昭
事務局:小熊 隆博(みちひらきLLC.)、柳澤 龍(Share Village Project)
写真:船橋 陽馬
デザイン:北原 和規(UMMM)
編集:竹内 厚(Re:S)、千葉 尚志(秋田経済新聞)、伊藤 美生

【お問い合わせ先】
TEL: 018-802-0089 (合同会社みちひらき)
mail: tabisuru.akita@gmail.com