twitter Facebook Instagram

Faculty 大学院の指導教員

HIROMI SONE

曽根 博美

  • ・複合芸術演習
  • ・複合芸術実習A
  • ・複合芸術論

Profile

プロフィール

1987年4月- 現在
美術批評、ライター、インディペンデント・キュレーター
1992年10月-1994年6月
ペンローズ・インスティテュート キュレーター
2000年6月−2014年4月
Yutaka Sone Studio Los Angeles アートマネージメント
2014年5月−2015年4月
Asian Pacific Women’s Center (ロサンゼルス) メンタルヘルスセラピスト
2015年5月−現在
米国カリフォルニア州心理療法士
2015年6月-2016年5月
Center for Japanese Mental Health (ロサンゼルス) メンタルヘルスセラピスト
2016年5月-2018年3月
Little Tokyo Service Canter CDC (ロサンゼルス) メンタルヘルスセラピスト、ソーシャルワーカー、Far East Loungeコミュニティプログラムコーディネーター
2018年4月-2021年9月
東京家政大学家政学部造形表現学科准教授
2021年10月−現在
秋田公立美術大学ビジュアルアーツ専攻


Research
activities

研究活動

【研究】

2019年4月−2021年3月
造形表現プログラムによるこどもと子育て支援の実践的研究 東京家政大学生活科学研究所

2020年3月
アートを基盤とした複合セラピーの研究 ~思春期の自閉症者との表現を通じたつながりのために~

2020年3−現在
超高齢社会における「つながり」再生と多様な地域資源による「これまでどおりの暮らし継続」への挑戦(東京家政大学教育福祉学科松岡洋子准教授との共同研究)


【プロジェクト・作品】

2016年10月―現在
ミチョアカン・プロジェクト(曽根裕と協働)

2016年12月−2018年2月
ファー・イースト・ラウンジをベースとしたコミュニティ・アート

2019年−現在
トナリプロジェクト
東京ビエンナーレ2020/2021他で発表


ページTOPへ