コミュニケーションデザイン

21 金 孝卿
職位
准教授
研究分野
幾何学的抽象形態の研究および制作、構成学
学歴
1986年2月
韓国淑明女子大学校 産業デザイン学科 卒業
1995年7月
筑波大学大学院修士課程芸術研究科デザイン学(構成)専攻修了
2000年7月
筑波大学大学院博士課程 芸術学研究科デザイン学(構成学)専攻修了
デザイン学博士
職歴
2001年4月~現在
秋田公立美術工芸短期大学 産業デザイン学科 助教授 (2007年准教授に職名変更)
2005年4月~現在
秋田大学教育文化学部 非常勤講師
2013年4月~現在
秋田公立美術大学 美術学部美術学科 准教授
主な業績
2000年 「日本と韓国の卍字紋と巴紋についての構成学的考察」
日本デザイン学会 [日本デザイン学研究 136号]
2001年 日本と韓国の幾何学的紋様の造形的考察
(グラフィックデザインにおける応用可能性を中心に)[筑波大学学位論文]
2007年 アジア基礎造形連合学会「凸面と凹面」(日本基礎造形学会)
日本基礎造形学会国際展「Bk-R-G-B」(日本基礎造形学会)
2008年 国際交流作品展「Realistic and abstract」(韓国基礎造形学会)
国際招待作家展「和風」(コミュニケーション協会)
国際学術大会「日本の家紋についての構成学的考察」
(コミュニケーションデザイン協会・学会)
2009年 KSBDA 国際作品展(イタリアー展)「W-R-B」(韓国基礎造形学会)
2011年 色彩教育における色の感受性についての印象評価(美術専攻者による嗜好色相傾向の比較研究)[ 秋田公立美術工芸短期大学紀要 第15 号 ]
2012年 色彩教育前後における色彩感受性の変化に関する研究
[ 秋田公立美術工芸短期大学紀要 第16 号 ]
担当授業
色彩論
色彩演習
構成論
構成演習

教員の作品例

  • communication_products10

    「イリュージョン」

  • communication_products11

    「グラデーション」

  • communication_products12

    「卍字」