アーツ&ルーツ

04 石倉 敏明
職位
講師
研究分野
芸術人類学・神話学
学歴
1997年3月
亜細亜大学国際関係学部国際関係学科 卒業
2002年3月
中央大学大学院総合政策研究科博士前期課程 修了
2010年3月
中央大学総合政策研究科博士後期課程 博士課程単位取得後退学
職歴
2003年4月~2004年3月
国立民族学博物館共同研究員
2005年10月~2006年3月
多摩美術大学芸術人類学研究所設立準備室嘱託職員
2006年4月~2009年3月
多摩美術大学芸術人類学研究所副手
2009年4月~2011年3月
多摩美術大学芸術人類学研究所助手
2011年4月~2013年3月
明治大学野生の科学研究所研究員
2013年4月~現在
秋田公立美術大学 美術学部美術学科 講師
主な業績
2003年 論文「生を与えまたそれを奪う神 ——環太平洋に伝わる「岩戸隠れ神話」の比較分析」『大学院研究年報 総合政策研究科篇 (6)』(中央大学)
2009年 論文「女神と対称性 ——ネコ科動物をめぐる神話イメージについて」『総合政策研究 創立15周年記念特別号』(中央大学)
2009年 編著『タイ・レイ・タイ・リオ紬記』エピファニー・ワークス(高木正勝氏によるCD作品『タイ・レイ・タイ・リオ』付属の神話集編纂、解説)
2009年 共著『折形デザイン研究所の新・包結図説』(ラトルズ)
2010年 論文「裸の精霊 ——後期旧石器時代の女性小像について」『多摩美術大学研究紀要(24)』(多摩美術大学)
2010年 エッセイ「小さな神話学」『クートラス・ジャーナル』(エクリ)
2010年 展覧会 「東京アートミーティング トランスフォーメーション」展(企画協力、アーカイヴ展示=R.L.A.T.、カタログ、関連レクチャー等)東京都現代美術館
2011年 論文「生命と芸術の発生 ——<母>の聖性表現について」『多摩美術大学研究紀要 (26)』(多摩美術大学)
2011年 展覧会「自然の産婆術/ MAIEUTIKE 野生の創造」展(グループ企画展/馬喰町ART+EAT/東京)
2011年 論文「芸術人類学ことはじめ」『ART ANTHROPOLOGY 05』(多摩美術大学芸術人類学研究所)
2012年 論文「生きているマンダラ ——ヴァジュラ・ヨーギニーとサンクの生態宇宙論」『人と動物の人類学 (来たるベき人類学5)』(奥野克巳ほか編/春風社)
2012年 共著「生活思想の地図を広げて」(鞍田崇・三谷龍二との鼎談)『道具の足跡 ——生活工芸の地図を広げて』(アノニマ・スタジオ)
担当授業
文化人類学
文化人類学特論
東北生活文化論
現代芸術論A(アーツ&ルーツ)
現代芸術演習A1(アーツ&ルーツ)
アーツ&ルーツ演習1・2・3
アートプロジェクト演習
卒業研究

教員の作品例

  • arts_products01

    「フィールドワーク光景」
    (津軽半島/虫送り)

  • arts_products02

    「フィールドワーク光景」
    (北上山地/鹿踊り)

  • arts_products03

    「 編 著 、共 著 等 の 書 籍 」