美術学部 美術学科

ものづくりデザイン専攻

 秋田の文化資源を背景に、人と人との豊かな関係を築く、ものづくりを提案する

 世代を超えて愛されてきたものに備わる、文化的背景や価値観をふまえ、秋田から世界に向かって、新たな視点と価値を持った「もの」を制作します。

専攻の概要

 本専攻では、ものづくりを、文化的・歴史的に蓄積された素材と技法の叡智と捉え、ものが本来あるべき姿を構想し、生産・流通させるというデザインの手法を用いて、人と人、人と自然との豊かな関係性を構築する一助としての、ものづくりを提案します。
具体的には、時間を超えて愛され、精神的な充足感を感じることができる、生活耐久財を、木・漆・金属・染色・陶磁・ガラス・家具といった素材や技法と、プロダクトデザインの視点を両輪として、制作します。
これらを実現するために、本専攻では、従来の近代工業思想による、均質化されたものづくりから脱却し、ものづくりデザイン専攻が立脚する、秋田という土地の文化・風土・自然をベースに地域文化の掘り起こしと再解釈を行います。そして、文化の多様性を尊重するという現実的な手法を、ものづくりの世界においての、新たなスタンダードとすることを目指します。

履修モデル PDF

専門科目の紹介

「プロダクトデザイン演習」

 家具やテーブルウェアといった生活に密着したもののデザインに取り組む。生活用品に潜む問題点や可能性を分析調査し、社会的役割からの発想と既成の概念に捉われない機能と素材の構築により、日常から世界を変化させることのできる提案にチャレンジする。

「現代芸術演習B」

 この演習ではガラス、漆、木、染、陶、金属といった素材を用い、テーブルウェアを制作し、その素材感と使用感覚を検討・分析します。

「ものづくりデザイン演習3」

 「ものづくりデザイン演習1」および「ものづくりデザイン演習2」によって培ったデザイン思想や技術に基づき、「使用感の充足」というコンセプトのものづくりに取り組む。グループワークによって素材分野別の個人制作では限界のある異素材の組み合せや、技術横断的なものづくりの発想を身につけ、デザインの統一感などを学ぶ。

取得可能な資格

  • 中学校教諭一種免許状(美術)
  • 高等学校教諭一種免許状(美術)
  • 高等学校教諭一種免許状(工芸)
  • 博物館学芸員

卒業後の進路

 各種工芸のスキルを持ち、新たなデザインを生み出したり、地域の活性化に寄与したりすることのできるデザイナー、そして現代の芸術領域の多元性を理解し、多様な価値を交換・共有する視点を持ちながら制作することができるアーティストを育成します。また、美術に特化した専門職業以外のいわゆる一般職(公務員や一般企業の社員)においても、専攻で培った専門性をいかせるように支援します。
具体的には、各種の工芸展覧会で作品発表する工芸作家、家具メーカー(工房)、ガラス製造業(工房)、ジュエリーメーカー(工房)、織物メーカー(工房)、陶磁器製造業(工房)、日用品メーカー・玩具メーカー(工房)、食器製造業などで働く技術者、教員などが、進路として想定されます。

ものづくりデザイン専攻教員紹介

専攻教員の作品例

  • 松本 研一「アームチェア( 苦楽風人Ⅰ )」

  • 松本 研一「アームチェア( 苦楽風人Ⅱ )」

  • 松本 研一「アームチェア( 苦楽風人Ⅳ )」

  • 小牟禮 尊人「Tension」

  • 小牟禮 尊人「雲上の皿」

  • 小牟禮 尊人「時空を超えて」

  • 小牟禮 尊人「蜃気楼」

  • 今中 隆介「Bara シリーズ」

  • 今中 隆介「tabales」

  • 今中 隆介「リラクゼーションルーム設計」

  • 安藤 康裕「パーロット・ピンブローチ」

  • 安藤 康裕「転生」

  • 山岡 惇「箱・1 + 2 + 3 」

  • 山岡 惇「木・動物」

  • 山岡 惇「Being Lady Stool 07」

  • 熊谷 晃「畏怖・畏敬3,11 陸前高田」
    ( 撮影者: 篠原誠司)

  • 熊谷 晃「変塗蒔絵螺鈿箱紫式部」

  • 熊谷 晃「変塗蒔絵螺鈿箱雪どけ」

  • 安藤 郁子「森へ」

  • 安藤 郁子「その森に帰る」

  • 森 香織「microcosmos」

  • 森 香織「roots #2」

  • 森 香織「廻り往くものまた廻り来る」