美術学部 美術学科

コミュニケーションデザイン専攻

 多様なメディアを活用したビジュアルコミュニケーションを学び、効果的なデザインやアートディレクションを可能にする

 グラフィックデザインによる様々な表現を幅広く習熟して、優れた伝達表現やデザイン全体を構築する総合的なディレクションを可能にします。

専攻の概要

 この専攻では、コミュニケーションに内在する今日的な課題に取り組むための思考と表現について、グラフィックデザインの立場から研究し学びます。
課題の発見から企画、調査、計画、提案、制作、フィードバックまでの一連のプロセスを踏まえながら、幅広い観点から現代社会のあるべき姿を探求します。また、個人から発信される様々な情報のパラダイムを組み替えることによって、現代社会における新しい「個人」像の形成に寄与します。
タイポグラフィ、パッケージ、ポスター、エディトリアル、ウェブ、イラストレーション、3DCG等、それぞれの表現媒体に応じた具体的な課題制作を通じて学び、同時にこれらを横断して、情報の流れを構想し設計する広報や企画といった高度な作業へと展開する思考能力も身に付け、デザイナーやアートディレクター、クリエーティブディレクターを目指します。

履修モデル PDF

専門科目の紹介

現代芸術論D( コミュニケーションデザイン )

 コミュニケーションの事例を紹介しデザイン事業の変化について解説します。また、現代における効果的な表現手法の一つとして、マンガ的記号表現とその効果について学びます。

現代芸術演習D( コミュニケーションデザイン )

 ビジュアル表現をベースに、ポスターやタイポグラフィー、イラストレーション、パッケージ、ウェブ、エディトリアルなどのテーマに分けて、課題演習によって基礎を学びます。

コミュニケーションデザイン論

 古今東西様々な事例に多く触れることで、コミュニケーションデザインとして共通する考え方を解説します。そのことでデザインに関する広い視野と考え方を獲得します。

取得可能な資格

  • 中学校教諭一種免許状(美術)
  • 高等学校教諭一種免許状(美術)
  • 高等学校教諭一種免許状(工芸)
  • 博物館学芸員

卒業後の進路

 各種デザインのスキルを持ち、新たなデザインを生み出したり、地域の活性化に寄与したりすることのできるデザイナーを育成します。また、美術に特化した専門職業以外のいわゆる一般職(公務員や一般企業の社員)においても、専攻で培った専門性をいかせるように支援します。
具体的には、個人事務所を構えるデザイナー、イラストレーター、デザイン事務所・広告会社・放送局・音楽映像制作会社・ゲーム会社・出版印刷会社・新聞社・ウェブデザイン会社等で働くデザイナー、美術の教員などが、進路として想定されます。

コミュニケーションデザイン専攻教員紹介

専攻教員の作品例

  • 官能 右泰「地方自治法施行60周年記念貨幣秋田県分」

  • 官能 右泰「オリジナル川反スイーツわころん」

  • 金 孝卿(キム ヒョウキョン)「イリュージョン」

  • 金 孝卿(キム ヒョウキョン)「グラデーション」

  • 金 孝卿(キム ヒョウキョン)「卍字」

  • 坂本 憲信「2 種のイメージポスター_A」

  • 坂本 憲信「四年に一度のJAPONiSM」

  • 孔 鎭烈(コン ジンヨル)「DANSK 焼き鍋のパッケージデザイン」

  • 孔 鎭烈(コン ジンヨル)「稲庭うどんのパッケージデザイン」

  • 孔 鎭烈(コン ジンヨル)「家庭用高圧清浄機のパッケージデザイン」

  • ベ・ジンソク感性ハガキ

  • ベ・ジンソクH5【1】

  • ベ・ジンソクmangaface

  • 水田 圭「SonyRecycleProjectJeans」

  • 水田 圭「SonyRecycleProjectJeans」

  • 水田 圭「(株)金融工学研究所広報企画制作」