美術学部 美術学科

アーツ&ルーツ専攻

 地域の歴史的な文化資源(ルーツ) の調査・研究を通して、その再評価の中から新たな芸術表現を探求する

 「基礎理論」「作品制作」「フィールドワーク」の3つによって、地域の文化と歴史に根ざした主題・技法を学び、調査研究の成果を作品制作に活かします。

専攻の概要

この専攻では、ちょうど植物が地中に根を生やすように、地域の文化資源・歴史・伝承といった「根っこ」から新しい表現を汲み上げることを目指します。いわば言語・地名・祭事・造形物といった文化の「根っこ=根源(Roots)」と繋がった芸術(Arts)の創造を目標としているのです。
この目標を追求するため、実際の作品制作・研究においては「フィールドワーク」を通して土地に根ざした文化・文脈を調査します。さらに、この調査から得られた成果を他地域の文化資源と比較し、人類学的な考察を加えながら主題を絞り込みます。そして、絵画・彫刻等のさまざまなメディアを通して表現する術を学びます。
また、里山・里海といった自然環境と人間的活動との最適な関係、新しい地域発信型の芸術祭やギャラリー・ネットワークの構築など現代に求められる課題に挑戦し、過去と現在、地域と世界を結ぶ柔軟かつ実践的な感覚を養います。

履修モデル PDF

専門科目の紹介

アーツ&ルーツ演習1
 「テーマと造形」を課題として、テーマを設定してから作品制作に取り組む。設定したテーマについては深く調査分析をして、客観的な考察を加え言語化する。そして、各々のテーマに適した造形表現で作品制作(日本画、彫刻のいずれか)に移っていく。

アーツ&ルーツ演習2
 秋田や東北の地域文化をより深く調査、探求し、最終的に調査の成果を小論文にまとめ発表する。テーマは特に秋田や東北地域と関わるものを中心とする。例えば、縄文時代の遺跡、民話や説話、来訪神儀礼や修験芸能、里山・里海の生活文化、秋田蘭画、民藝や生活工芸などから独創的なテーマを探し、調査研究する。

アーツ&ルーツ演習3
 「アーツ&ルーツ演習2」で得られた研究成果と、現在の芸術表現とを融合させた作品の制作に取り組む。また、ここで制作する作品は、現代的な日本画を軸とした平面作品または、現代的な彫刻・彫塑を軸とした立体作品とする。

取得可能な資格

  • 中学校教諭一種免許状(美術)
  • 高等学校教諭一種免許状(美術)
  • 高等学校教諭一種免許状(工芸)
  • 博物館学芸員

卒業後の進路

地域社会の求める価値を理解し、土地の歴史や文化に根ざした芸術を創造することのできるアーティストを育成します。また、美術に特化した専門職業以外のいわゆる一般職(公務員や一般企業の社員)においても、専攻で培った専門性をいかせるように支援します。
具体的には、グローバルに活躍するアーティスト、美術研究者、キュレイター、美術評論家、ギャラリスト、美術の教員などが、進路として想定されます。

アーツ&ルーツ専攻教員紹介

専攻教員の作品例

  • 藤 浩志「So long Frogs!  さよなら蛙達」

  • 藤 浩志「Skinny dogs 戦闘機を引くヤセ犬」

  • 藤 浩志「Toys Saurus トイザウルス」

  • 皆川 嘉博「源流- オーロラの民- 」

  • 皆川 嘉博「源流- 精霊の沢- 」

  • 皆川 嘉博「源流- 八木沢の風- 」

  • 山本 太郎「四季紅白幔幕図屏風」2009年 紙本金地着色 二曲一双 各169×167cm 熊本市現代美術館蔵

  • 山本 太郎「青敷秋草図屏風」2008年 紙本金地着色 二曲一双 各169×167cm ミネアポリス・インスティテュート・オブ・アート蔵

  • 山本 太郎「羽衣バルーン」2012年 紙本着色金彩 二曲一隻160×134cm 個人蔵

  • 石倉 敏明「フィールドワーク光景」
    ( 津軽半島/ 虫送り)

  • 石倉 敏明「フィールドワーク光景」
    ( 北上山地/ 鹿踊り)

  • 石倉 敏明「編著、共著等の書籍」