大学院の指導教員

アートマネジメント/ キュレーション

服部 浩之(ハットリ ヒロユキ)

画像:服部 浩之

・スタートアップ
・複合芸術論
・複合芸術応用論A
・複合芸術演習
・複合芸術実習Ⅰ
・複合芸術実習Ⅲ
・特別研究Ⅰ
・特別研究Ⅱ

プロフィール

インディペンデント・キュレーター。1978年生まれ。2006年早稲田大学大学院修了(建築学)。2009年-2016年青森公立大学国際芸術センター青森[ACAC]学芸員。アジア圏を中心に、展覧会やプロジェクト、リサーチ活動を展開する。ACACでは、Nadegata Instant Partyによる「24 OUR TELEVISION」(2010年)や、藤井光をディレクターに迎えAHA! [Achives for Human Activities!/人類の営みのためのアーカイブ]とも協働した青森市所蔵作品展「歴史の構築は無名のものたちの記憶に捧げられる」(2015年)など、滞在制作を軸としたアーティストとのプロジェクトを多数実践。近年の共同企画に、「十和田奥入瀬芸術祭—SURVIVE:この惑星の、時間旅行へ」(十和田市現代美術館、奥入瀬エリア|2013年)、「あいちトリエンナーレ2016—虹のキャラバンサライ」(愛知県美術館ほか|2016年)、「アッセンブリッジ・ナゴヤ」(港まちポットラックビルほか|2016年〜)、「ESCAPE from the SEA」(マレーシア国立美術館、APWほか|2017年)などがある。

 

研究活動

2010年 アーティスト・イン・レジデンスを活用した参加型アートプロジェクトの企画運営に関する実践経験の現場の創出
2011年 かれいざわアーティスト・イン・レジデンス選考委員
2012年 絵画の共同制作プロジェクト「淺井裕介 八百万の物語」
2012年 国際交流基金派遣「東南アジアのメディアアートシーンの調査」
2012年 Arts Towada Oirase Project「Nature×Arts Camp」
2013年 イスラエル大使館招待「イスラエルの現代アートシーン調査」
2013年 上野の森美術館主催絵画展「VOCA展推薦委員」
2013年
~2014年 MEDIA/ART KITCHEN(ジャカルタ、クアラルンプール、マニラ、バンコク、青森)
2014年 キュレーターワークショップ「Run & Learn 2」(マレーシア)
2014年 ワークショップ「r:ead」(日本、韓国、中国、台湾)
2014年 ワークショップ「Art & Cooking」(マニラ)
2014年 日産アートアワード選考委員
2014年あいちトリエンナーレキュレーター
2015年 文化庁メディア芸術祭選考委員

~共同/協働のプラットフォームを~