お知らせ

  • ホーム
  • お知らせ
  • 【複合芸術会議2018:東京セッション】を開催します。(2018.9.8開催)

【複合芸術会議2018:東京セッション】を開催します。(2018.9.8開催)

2018年8月28日

複合芸術会議2018 : 東京セッション 開催概要はこちら(PDF:109KB)

複合芸術(Trans –disciplinary)はいかに可能か?

-「AKIBI複合芸術プラクティス:旅する地域考 – 秋田で着想する夏編」 を実例に-

秋田公立美術大学大学院複合芸術研究科は、日本で初めて複合芸術(Trans –disciplinary)を標榜し、各地から集まった多様な教員や学生が、異なる研究領域や芸術メディアで相互に刺激し合いながら、秋田から新たな同時代芸術の創造を目指しています。領域の越境と拡張を実現するためには、個々の問題意識や方法論をもちつつも、他者・他所との遭遇、交流と交換、そこで生まれる相互作用・相互干渉のプロセスが必要ではないか。こうした大学院の基本テーマを体現する試みとして、去る8月に開催された「旅する地域考/秋田で着想する夏編」は、まさに2週間の旅の中で、参加者どうしが相互に問いを交換・影響し合い、それぞれの思考や表現が大きく拡張された時間となりました。

今回はじめて秋田以外の地域で開催される複合芸術会議2018東京セッションは、『複合芸術(Trans –disciplinary)はいかに可能か?』という問いを巡り、「旅する地域考/秋田で着想する夏編」を実例に、参加者のみなさんと経験を共有しながら思考を深める機会となります。

これまで学んだ芸術領域の拡張を目指している方、美術系大学院進学を検討されている方はもちろん、秋田で起きつつある新たなムーブメントを体感したいすべての方にお勧めのイヴェントです。ぜひお気軽にお集りください!

<開催概要>

日時:2018年9月8日(土) 19:00-21:30

会場:SHIBAURA HOUSE 5F (東京都港区芝浦3-15-4)

入場無料・要予約(先着順/定員30名になり次第締切)

予約フォーム https://goo.gl/forms/WMOfevicSIjxa1C43

<プログラム>

第一部:複合芸術(Trans-disciplinary Art)はいかに可能か? 

複合芸術研究科が企てる新しい「複合Trans –disciplinary」の形について、本学教員二人がその基本理念や実践例を紹介しながら問題提起を行います。

プレゼンター:岩井成昭(アーティスト/秋田公立美術大学大学院教授)、岸健太(建築家、アーバンスタディーズ/秋田公立美術大学大学院教授)

第二部:「旅する地域考 – 秋田で着想する夏編」を追体験する 

実際に「秋田で着想する夏編」を経験した若手アーティストたちが主体となり、2週間で生成した出来事や体感を、当日参加者と共有する時間を作り出します。

参加アーティスト:尾崎藍、小山渉、佐藤朋子、武田彩莉、橋本佐枝子、野口竜平、渡邊拓也

第三部:オープン・ディスカッション

第一部、第二部で共有された問いや経験を踏まえて、オープン・ディスカッションを行います。

モデレーター:相馬千秋(NPO法人芸術公社代表理事/秋田公立美術大学大学院複合芸術研究科特任准教授)、藤井さゆり(NPO法人芸術公社)

<クレジット>

主催:秋田公立美術大学大学院複合芸術研究科

共催:NPO法人芸術公社

会場協力:SHIBAURA HOUSE