霜鳥秋則

高校生のみなさんへ
秋田美大にようこそ

 秋田公立美術大学(「秋美」)は、美術という学問を学ぶ大学です。「真善美」という言葉を聞いたことがあるでしょう。人間の理想としての普遍的な価値観で、「認識上の真、倫理上の善、審美上の美」を言います。ギリシャの昔から世界で共通の理想として考えられてきたものです。秋美は秋田の地でこれをきわめ世界に発信していきたいと思っています。
 高校までの勉強は「学習」、教わったことをいかに正確に記憶し述べることができるかですが、大学は「学問」、つまり「学んでそれを問う」という勉強です。現在の定説を見直し新しい考えやそれを乗り越えるために「学び」、「問う」のです。本学ではそのための幅広い基礎を身につけ最終的に一つの専門に到達する仕組みを作っています。従来の美術を超えて新しい創造の世界を目指すものです。
 みなさんの身近な道具として「スマホ」があります。代表的なのはアイフォンで、アップルというアメリカの会社が作ったもの。感覚的に操作できること、情報端末としての便利さなどいろいろな要素がありますが、製品としてのデザインや触れたときの感覚もすばらしい。単なる道具以上の付加価値があります。デザインによる美的感性の勝利でしょう。このロゴマークはリンゴですが、このデザインについて知っていますか。調べてみてください。面白いストーリーがあります。
 人間の生活に絶対必要なものは生きていくための最低限の衣食住かもしれません。しかし、人々の心の糧となるものがあります。これが美術を含む文化です。文化のない社会はあまりにもつまらない世界でしょう。秋美はその創造の場です。
 本学は2年前に4年制大学として開学したばかりの若い大学です。これからみなさんと一緒に作り上げていく大学です。わくわくしながら一緒に新しい創造の世界へ羽ばたいてください。みなさんの新しい感性で、新たな「美」を作っていくことを期待しています。

平成27年4月1日
秋田公立美術大学
理事長/学長 霜鳥 秋則