アトリエももさだとは

アトリエももさだは、旧国立農業倉庫棟を活用しています。

アトリエももさだは、旧国立農業倉庫棟を活用した施設です。8棟の倉庫が並ぶ倉庫棟は昭和9年、現在の全農あきたが建設し、昭和14年に農林省へ寄付され、米の受給調整に用いられてきました。倉庫1棟の構造は、間口14.3m、奥行き45m、天井最高部8.5mの木造平屋建であり、全体の収容力は秋田県の米の年間消費量の約3割を保管できるほどの量でした。
その後、平成2年3月の用途廃止以来、地元新屋地区からは倉庫の活用について様々の要望が提出されるとともに、多くの市民から保存活用の声が生じ、平成3年、当時新設した短期大学の校舎として活用する計画となりました。平成6年2月には短期大学用地として秋田市に譲渡が決定し、平成7年4月から短期大学、平成25年4月からは美術大学のキャンパスの一部と活用しています。
現在は、倉庫棟8棟のうち、7棟を本学で使用し、1棟を市立新屋図書館として活用しています。
倉庫棟は、昭和初期における木造の建築工法が見られる建造物として高く評価されており、平成4年に秋田県の近代化遺産として認められているほか、平成12年には国の登録有形文化財として登録されています。

「アトリエももさだ」の由来

愛称「アトリエももさだ」の名称は、本学キャンパスのある新屋地区の昔の地名「百三段(ももさだ)」に由来し、これに美術工芸作家の作業場を意味する「アトリエ」をミックスしたものです。地域に開かれた大学の施設にふさわしい愛称として親しまれています。
※「ももさだ」とはアイヌ語のモムサンドイ(川尻の土地という意)が語源とも言われています。

施設のご案内

工芸体験棟

金属工芸実習室・木材工芸実習室

木造金属加工に対応した機械や道具があり、自由に制作することができます。

基礎造形実習室

陶芸や染物などに利用することができます。

ガラス工芸実習室

とんぼ玉など、ガラス作品を制作することができます。

織物実習室

織機が設置されており、手織りで自由に制作することができます。

ギャラリー棟・地域交流棟

市民ギャラリー

個人やサークルで、趣味や各種教室で作った作品を展示発表する場として貸出を行っています。

作品展示室

本学の卒業生や在学生等の作品を展示しています。

多目的ホール

各種講演会や演奏会、演劇やアート作品の発表の場などさまざまな用途に対応したホールです(収容人員150名)。

レストコーナー「蔵詩」

ゆったりとしたスペースと木造の持つ落ち着いた雰囲気で、誰もが気軽にくつろげるようになっています。
営業時間/11:00~14:00
休業日/土日祝・年末年始

貸出について

貸出範囲

大学教職員および学生…全施設
一般利用者…一部施設

貸出の詳細・予約

電話、メールまたはウェブサイトで施設の空き状況や利用規約が確認可能です。
​アーツセンターあきた ​施設利用案内
※本学が委託しているNPO法人アーツセンターあきたが貸出業務を行っております。